<P>タグ《段落を作る》-HTML-

pタグ

pタグはHTML(ホームページ)で段落を作るときに使用します。

ピー

p

段落を作る

pタグは<p>(開始タグ)と</p>(終了タグ)の中に文章を記述し1つの段落となります。
段落とはひとつのまとまりをもった文章です。

</p>(終了タグ)は省略することも可能ですが、後々どの部分が段落の終了なのか分からなくなったり、他の要素を組み合わせたときに、ブラウザのバグなどで予期しない表示になりますので省略しないほうがよいです。

p要素の構成

<p>~</p>までをp要素といいます。

属性は開始タグに半角スペースで区切った後に設定します。

詳記(読み方) paragraph(パラグラフ)
コンテンツモデル フローコンテンツ
カテゴリ グループ化
属性 グローバル属性

p要素の前後には、デフォルト(初期状態)で1行分程度の隙間(margin)が入ります。
段落ごとの隙間の空き具合はCSSで指定します。

サンプル

【表示例】

本文は、記事の確認用に記述したサンプル文章です。記事の内容とは一切関係ありません。

【HTML】

<p>本文は、記事の確認用に記述したサンプル文章です。記事の内容とは一切関係ありません。</p>

pタグのヒント

段落間の隙間を空けるために空のp要素を入れるのは間違いです。隙間の調整はCSSで指定します。

pタグ関連記事